在宅医療に関する情報サイト

在宅医療とは

在宅医療とは、その言葉のとおり、患者さんのご自宅に医師がうかがって診療するものです。「現代の在宅医療」について説明するしてみます。






1つ目のの特徴は、在宅医療は、通院が不可能な障害者のためのものです。






つまり、老衰や、身体の麻痺や、外傷後の後遺症などで、通院が困難な人のためのものであるに考えられたものです。通院が困難でも、病状が比較的安定している人、つまり、入院が必要のない患者さんは多く、在宅医療はそういう人に医療を提供するサービスとなっています。


2つめは、当然のことだが、在宅医療は「自宅にいる」ことを最優先する人のためのものであります。自宅にいて家族・知人との交流があり、住み慣れた場にいることの、快適さや、安心感をそのままにして、医療を受けることが在宅医療の本質部分であるのは間違いないと思います。その点で、快適さや社会生活を犠牲にしても、治療の円滑さを優先する病院医療とは異なり、 逆にいえば、治療の円滑さを求める場合には、在宅医療ではなく、病院医療にするべきです。

その意味では、手術などの積極的な治療が必要な方は、在宅医療に固執することではない。治療がすでに一段落している場合、長期の療養が必要な場合、治癒が不可能な場合に、在宅医療は適しています。そして、病院がどうしても嫌いな人も在宅医療に適する。病院での治療が適当と考えられる場合でも「死んでも病院には行きたくない」という人もいます。

 

よくわかる調剤薬局のことなら

神戸の卓球教室、卓球スクールをお探しの方へ
神戸スポーツ振興会

在宅医療の注目性

在宅医療が注目されている背景の一つには人口構成の高齢化が挙げられます。日本は世界に類をみない速度で超高齢化社会に突入しております。当然、介護を要する高齢者は急速に増加し、そのかなりの部分は核家族化のなかで通院介助する人がおらず、通院困難群となっています。日本では医療水準が高く、ねたきりの障害者が生存する期間も長いとされており、介護を受ける者、介護する者ともに高齢化が著しいのが現状で高齢者のうち夫婦のみか一人で生活する者は全体のほぼ半数にのぼっています。このような事情が「現代の在宅医療」のニーズ基盤を形成しているといっても過言ではないといえます。重い障害者で「施設に入りたい」人は多くなく、圧倒的多数が自宅での生活を希望しています。とりわけ、病院での長期療養を望むものは少なく、高齢者が入院すると、治癒しうる疾患は少なく、長期入院となりやすい傾向があります。しかし、病院に長期入院する場合、だいたいにおいて、病院は治療の場として作られていて、住む環境としては快適な空間ではないので、これらがあいまって、病院から自宅に帰りたいという方が多数存在しています。
人生最期の場所として自宅を希望する人が多い。1982年の「ついの看とりに関する調査(総理府老人対策室調査)」という高齢者調査では、自宅で最期を迎えたいという方が7割を超える結果がでています。この現象は、高齢者ばかりでなく、予後不良の疾患を持つ人にもみられ、1990年の厚生省の保健福祉動向調査でも、自分や家族ががんになったときに、最期の場所として自宅を希望するものが過半数となっています。

 

在宅医療診療報酬とは

在宅医療を始めようとする方にとって、どれぐらいお金がかかるかは重要な問題です。通常、在宅医療の主な対象は、老人医療証を持っている1割負担の高齢者の方が多いので、ここではそういった方を想定して、在宅医療にかかる医療費について解説しています。介護保険の支払いは、具体的な要介護度とケア内容によって異なってきますので、これらが決まった後ケアマネージャーに相談してください。また、薬剤費については、使用する薬剤によってかなり異なります。在宅医療診療報酬の主なものは以下のものです。
○在宅総合診療料・・・在宅で療養するにあたり、 医師が定期的に往診を行う必要があり、 ご病状の急な変化及び急病の発症などに対し、夜間・休日を含む24時間の診療体制での療養管理を実施したことに対しての料金です。採血や尿検査、超音波検査など多くの検査がこの中に含まれています。
○定期訪問診察・・・在宅療養管理計画に基づき行う定期往診にかかるご負担です。
○臨時往診・・・平日の昼間の臨時往診にかかるご負担です。
○夜間往診・・・平日・休日を問わず午後5時〜午後10時までの臨時往診にかかるご負担です。
○深夜往診・・・平日・休日を問わず午後10時〜翌日の午前6時までの臨時往診にかかるご負担です。
○休日往診・・・休日の昼間の時間の臨時往診にかかるご負担です。
○訪問看護指示料・・・訪問看護を受けている方への指示書の料金です。