ドラッグストアがお届けする在宅医療に関する解説するサイト

在宅医療の注目性

在宅医療が注目されている背景の一つには人口構成の高齢化が挙げられます。日本は世界に類をみない速度で超高齢化社会に突入しております。当然、介護を要する高齢者は急速に増加し、そのかなりの部分は核家族化のなかで通院介助する人がおらず、通院困難群となっています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

日本では医療水準が高く、ねたきりの障害者が生存する期間も長いとされており、介護を受ける者、介護する者ともに高齢化が著しいのが現状で高齢者のうち夫婦のみか一人で生活する者は全体のほぼ半数にのぼっています。このような事情が「現代の在宅医療」のニーズ基盤を形成しているといっても過言ではないといえます。重い障害者で「施設に入りたい」人は多くなく、圧倒的多数が自宅での生活を希望しています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

とりわけ、病院での長期療養を望むものは少なく、高齢者が入院すると、治癒しうる疾患は少なく、長期入院となりやすい傾向があります。しかし、病院に長期入院する場合、だいたいにおいて、病院は治療の場として作られていて、住む環境としては快適な空間ではないので、これらがあいまって、病院から自宅に帰りたいという方が多数存在しています。 人生最期の場所として自宅を希望する人が多い。1982年の「ついの看とりに関する調査(総理府老人対策室調査)」という高齢者調査では、自宅で最期を迎えたいという方が7割を超える結果がでています。この現象は、高齢者ばかりでなく、予後不良の疾患を持つ人にもみられ、1990年の厚生省の保健福祉動向調査でも、自分や家族ががんになったときに、最期の場所として自宅を希望するものが過半数となっています。

 

薬剤師国家試験