ドラッグストアがお届けする在宅医療に関する解説するサイト

在宅医療診療報酬とは

在宅医療を始めようとする方にとって、どれぐらいお金がかかるかは重要な問題です。通常、在宅医療の主な対象は、老人医療証を持っている1割負担の高齢者の方が多いので、ここではそういった方を想定して、在宅医療にかかる医療費について解説しています。介護保険の支払いは、具体的な要介護度とケア内容によって異なってきますので、これらが決まった後ケアマネージャーに相談してください。また、薬剤費については、使用する薬剤によってかなり異なります。在宅医療診療報酬の主なものは以下のものです。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

○在宅総合診療料・・・在宅で療養するにあたり、 医師が定期的に往診を行う必要があり、 ご病状の急な変化及び急病の発症などに対し、夜間・休日を含む24時間の診療体制での療養管理を実施したことに対しての料金です。採血や尿検査、超音波検査など多くの検査がこの中に含まれています。
○定期訪問診察・・・在宅療養管理計画に基づき行う定期往診にかかるご負担です。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

○臨時往診・・・平日の昼間の臨時往診にかかるご負担です。
○夜間往診・・・平日・休日を問わず午後5時〜午後10時までの臨時往診にかかるご負担です。
○深夜往診・・・平日・休日を問わず午後10時〜翌日の午前6時までの臨時往診にかかるご負担です。
○休日往診・・・休日の昼間の時間の臨時往診にかかるご負担です。
○訪問看護指示料・・・訪問看護を受けている方への指示書の料金です。

 

薬剤師 転職