ドラッグストアがお届けする在宅医療に関する解説するサイト

在宅医療のデメリット

まず第一に、圧倒的な情報不足であります。「在宅医療」でどんなことが可能かは、行政機関のパンフレットにも書かれていますが、それを手にする機会は地域住民には殆どありませんし、自分の身に降りかからなければ、実感として感じられないのも当然です。 また、医師のサイドでは、今迄の、病院で完結する医療の中でしか働いていない勤務医、特に若い医師にこうした情報不足が目立ちます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

また、開業医の側でも、在宅医療が従来の「往診」と異なる医療技術であることを、まだしっかりと認識してはいません。勿論、看護婦、その他の医療スタッフにも同様のことが言えます。 また、教育の問題もあります。臨床医学の教育は基本的には病院内における入院医療についてしか教えておりませんし、このことは医師以外の専門領域についても同様です。 また、よく指摘されることですが、開業医師は独立独歩で、同業の専門的な開業医師や看護チーム、あるいは、企業の専門家などと共に手を組んで行うチーム医療に慣れていないことが挙げられます。また、医療、福祉、保健の各セクション間の連携が非常に悪く、一箇所の窓口で利用者のニーズを簡単には処理できないという、縦割行政の悪影響があります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

またコミュニケーション不足、すなわち、診療所、病院、介護施設、訓練施設間、看護ステーション、公的医療機関、企業による医療サービスなどとの間の連携情報の不足も深刻です。

 

薬剤師国家試験