ドラッグストアがお届けする在宅医療に関する解説するサイト

在宅医療の相場(病院医療と比較)

在宅医療の種類と費用厚生労働省は、介護保険制度を併用することも視野に入れて、在宅医療を推進しています。たとえば、在宅医療として自己注射、自己腹膜灌流(かんりゅう)(透析の一種)、血液透析、酸素療法、中心静脈栄養、経管栄養(チューブによる栄養補給)、自己導尿、人工呼吸、持続陽圧呼吸療法(睡眠時無呼吸症候群の治療)、自己疼痛(とうつう)管理など、さまざまな高度な治療が行えます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

それらはすべて保険適用となります。では、在宅医療はどのくらいの医療費がかかるのでしょうか。その医療費を理解するポイントとして、次のことを知っておきましょう。 在宅療養支援診療所から週に1回のペースできちんとした在宅医療を受ける場合、在宅時医学総合管理料(4,200点、月1回)と訪問診療(830点、月4回)で7,520点となり、患者の自己負担額(3割負担の場合)はひと月で2万2,560円となります。また、たとえば脳卒中の在宅医療として、そこに訪問リハビリテーション(在宅訪問リハビリテーション指導管理料、20分あたり300点、週120分まで)を追加した場合、その点数に応じて医療費が増えることになります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

また在宅医療の費用は、「第1節在宅患者診療・指導料,第2節在宅療養指導管理料,第3節薬剤料及び第4節特定保険医療材料料に掲げる所定点数を合算した点数により算定する」との記載が医科診療報酬点数表にあります。詳しくは担当医に尋ねていただくのが一番かと思います。

 

薬局

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理