ドラッグストアがお届けする在宅医療に関する解説するサイト

在宅医療用品の入手方法

43 億ドル超の規模を有する在宅医療用品市場は、高齢化の加速とそれに伴った長寿化、長期に渡る慢性疾患に苦しむ患者に向けたコスト効率の高い医療機器への大きなニーズ、ベビーブーム世代による技術利用の拡大などの要因から、米国で最大かつ安定的な市場のひとつとなっています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

さらに、入院を必要としない若年層患者や身体障害者、一時的あるいは散発的にのみ在宅でのケアを必要とする急性疾患からの回復期にある患者などもこの要因に含まれています。 Medtech Insight発行によるこのダイナミックな新規レポートには、各種製品、既存・新興市場、競合企業、米国の在宅医療用品市場における市場機会などの分析が掲載されています。製品分野には、呼吸器系の治療用品(人工呼吸器・酸素治療器・ネブライザー・閉塞型睡眠時無呼吸症用の製品)、注入治療用品(末梢挿入中心カテーテル)、その他多くの製品が含まれます。 また日本では店頭はもちろんのことネットショップなどでも売られています。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

ネットショップの大手「楽天」や「Yahoo」などでも在宅医療用品と検索してみてください。かなりの数のショップが表示されます。逆を言えば、それだけ需要がある分野なのだと考えることができますね。また店頭で購入するよりも安価に手に入れることも可能です。しかし、実際に物を手にとって選ぶことができないため、商品のイメージがしにくいというデメリットは否めません。

 

薬剤師国家試験